ベトナムフェスティバルに初出演。最高のステージでした!

6月8日(土)にベトナムフェスティバル2019に出演しました。

今回が僕にとっては初めての出演です。

会場は代々木公園イベント広場のステージ。

昔からフットバッグの練習で通っていて見ていたステージでやらせてもらえるのは感慨深かったです。

このフェスティバルは6月8日と9日の2日間開催されたのですが、僕が出演したのは8日の1日だけです。

そこに集中してパフォーマンスに取り組みました。

現地に到着するとステージ裏にある関係者の受付のところには以前にお会いした事がある方が!

そういえばずっとベトナムフェスティバルの実行委員会をやってらっしゃるというのを伺っていました。

久しぶりの再会に二人ともテンションが上がり、イベント出演的にもこういった知り合いの方がいるととてもやりやすいです。

その後は今回のベトナムフェスティバルのアンバサダーを務められたMNB48の石田さんと事務総長の青柳さんと記念撮影。

Taishi info 2019 Jun 19

そして本番を迎えました。

僕の出演は15:50-16:10の20分間。

最初プロになって20分って長くて大変だろうなぁと思ってましたが今では時間が足りないくらいになってしまいました笑

今回は初めて、パフォーマンスでシャトルコックを披露!

IMG 4760

シャトルコックというのは中国で長年親しまれている羽根で土台のところが鉄で重りになっています。

それにより高く上げても必ず土台が下に向くようになっていて安定してプレーする事ができるようになっている歴史ある遊びです。

実はベトナムにはダーカウというこれに似た遊びがあって輪になって落とさないようにして蹴ったり、ネットを挟んで蹴り合う競技が盛んに行われています。

今回使ったものは中国のシャトルコックというものでしたが、ダーカウも形状は同じで基本的には羽根の部分や重りの部分がプラスチックで作られていて、若干チープな作りになっています。

僕はダーカウを持っていなかったのでこのシャトルコックで代用して観客の方々に紹介しました。

そうするとやっぱりベトナム人の方は知っていますね。

多くの方がうなづいていました。

こういった蹴る文化はアジアにも多く広まっているので将来、フットバッグがアジアで広まる可能性も十分にあると思います。

その後はいつも通り、フットバッグでパフォーマンス。

ベトナム人の方々も見た事ない動きに驚いてくれていました。

IMG 4766

大きいステージでやらせてもらってめちゃくちゃ気持ち良かった!

そしてさすがベトナムフェスティバル。毎年10万人以上の来場者がいらっしゃるだけあって、この日も本当に多くの観客の方々にフットバッグを見て頂けました。

IMG 4767

今後もこういったアジアのイベントにも積極的に出演していきたいなと思います。

ご覧頂きましてありがとうございました!

宜しければシェアして皆さんに拡げてください!よろしくお願いします。

フットバッグを手に入れたい方はこちらからどうぞ!

プロフットバッグプレイヤー 石田太志が長年の経験で培った「使いやすいフットバッグ」と「初心者の方も気軽に始められる」をコンセプトに生産している「フットバッグTAISHI ISHIDAモデル」等を展開しています。

また国内の他では手に入らない海外モデルも厳選して展開しています。

ぜひフットバッグ専門ショップFOOTBAG MANIAにもお立ち寄りください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください